ドイツ語の「スキル」、すなわち技能のレベルアップを図るための、インテンシブを発展させた内容の授業で、原則としてインテンシブ3を修了していれば履修することができます*。インテンシブ3のさらに上の力をつけることを目標として、読む・書く・話す・聞くの4つの技能を訓練すると同時に、コミュニケーション能力・ストラテジーの向上を図ります(通称:G4、G5**)。ディスカッションやプレゼンテーションの技術を磨く授業、エッセイを執筆する授業、読解のストラテジーを習得する授業、ゲーテ・インスティトゥートやオーストリア政府の行う検定試験、ドイツ語技能検定試験(独検)などの各種試験対策を行う授業、短期海外研修の準備を行うコースなど、さまざまな授業が用意されています。


外国語資格認定試験に合格した人も履修可です。例外として、「海外研修準備コース」はインテンシブ・コースもしくはベーシック・コースと並行して、また、スキル「Schreiben」(クンスト先生担当)並びに「検定試験準備コース」(小笠原先生担当)はインテンシブ2以上のレベルでも履修できます。

** G4、G5はそれぞれ週に2コマ開講されていますが、2コマセットでの履修を推奨します。また、スキル科目は何度でも履修できますが、G4およびG5については担当教員の許可が必要です。